九九式軽機関銃
Type 96 Light Machine Gun
(写真上)陸自武器学校に展示されている九九式軽機関銃
軽機関銃に銃剣を装着するのは他国には例をみない日本独自の運用思想だ。

九九式軽機関銃は口径6.5粍の九六式軽機関銃の威力増を目指し口径7.7粍に強化したものである。
故障が少なく実用性に優れた傑作兵器で大東亜戦争中も各戦線で奮戦した。銃身腔内にクロームメッキを施したのも九六式と同じ。 使用された7.7粍弾は反動減少を考慮した減装弾である九九式普通実包であったが この弾薬の採用が九九式の成功の大きな要因の一つであった。
目次へ

太平洋の海鷲 inserted by FC2 system