HMS TYPE45 DESTROYERS

(写真上)平成25年12月、東京晴海に来航したネームシップ「デアリング」

ミサイル駆逐艦45型
英仏伊共同で計画された次世代型防空艦「ホライズン」であったが運用思想の違いからイギリスは脱退し独自の防空駆逐艦である45型を建造した。
イギリス海軍では42型の後継DDGとして6隻が建造される。ただし防空システムに関しては英仏伊共同で開発されたPAAMSが45型でも採用されている他、 シルヴァー垂直ミサイル発射装置VLS、アスター30/15短SAMなども仏伊艦と共通であり艦容もよく似ている。

PAAMSの中核を成すのが前部ステルス型マスト頂部に装備されたサンプソン多機能レーダーである。因みに仏伊艦には別の多機能レーダーが装備されている。
後部マストには1046型3次元レーダが装備されている。前甲板には114mm単装砲が搭載され艦橋直前の01甲板レベルにはフランスが開発したシルヴァー VLS(48セル)区画がある。装備されるSAMは個艦防御用のアスター15(射程20km)とエリア・ディフェンス用のアスター30(射程120km)。 主機は統合電機推進方式を採用しておりガスタービンはノースロップ・グラマン/ロールスロイスWR−21を搭載。WR−21は本クラスが世界初の採用であり 優れた燃費効率を誇る。

デアリングD−322009年7月竣工
ドーントレスD−332010年6月竣工
ダイヤモンドD−342011年5月竣工
ドラゴンD−352012年4月竣工
ディフェンダーD−362013年3月竣工
ダンカンD−372014年竣工予定



満載排水量 7.570t
全長    152.4m
幅     21.2m
吃水    5.3m
主機/軸数 統合電機推進(ガスタービン2基、ディーゼル2基、電動機2基)/2軸
出力    5.400馬力
速力    31ノット
兵装
・垂直ミサイル発射装置VLS1基(48セル)、114mm単装砲1基、30mm単装機銃2基
搭載機 
・ヘリ1機
乗員 191名


目次へ

太平洋の海鷲

inserted by FC2 system