CCCP PPS-43

(写真上)陸自武器学校に展示されているPPS-43
U字型マズルブレーキ、バナナ型弾倉、金属製折り畳みストックなど本銃の特徴がよく分かる

ソ連製短機関銃 PPS-43
第二次大戦緒戦においてソ連軍は多数の短機関銃 PPSh-41を装備して侵攻してきたナチスドイツ軍に手痛い損害を与えていた。

ところでドイツ軍に包囲されたレニングラードでは限られた生産力と資材を最大限に生かして各種兵器の量産に取り組んでいたがPPSh-41を更に簡略化した 短機関銃が造られた。それがPPS-42である。使用弾薬は7.62mm×25弾。 簡略化のポイントはプレス加工の導入であった。そのPPS-42を更に改良したものがPPS-43である。

PPS-42/43は大戦中におよそ100万挺が生産されたと言われる。工作精度に難がある、との批判もあるが圧倒的な量産数を誇るソ連製兵器がナチスドイツを 打ち破ったのは歴史の事実である。戦時に本当に有効な兵器とはどのようなものか、を教えてくれる存在でもある。 PPS-43は戦後も朝鮮戦争やベトナム戦争で大量に使用され中国や北朝鮮、ポーランドでもコピー生産が行われた。
(写真右)
PPS-43の原型となったPPSh-41。最大の特徴であるドラム型弾倉がわかる。このドラム型弾倉はジャミング(弾ずまり)を起こしやすく装填も難しく部隊では 不評でありPPS-43で採用されたバナナ型弾倉に変更される。


口径 7.62mm
全長 820mm
   615mm(折り畳み時)
重量 336s
装弾数 35発
ライフリング 4条右回り

目次へ

太平洋の海鷲 inserted by FC2 system