北朝鮮製PK機関銃

(写真上)横浜にある海上保安資料館に展示されている北朝鮮製PK機関銃
平成13年12月に発生した九州南西海域工作船事件の際、押収されたもの。バレル後部にある耐熱用溝から改良型のPKMではなく原型のPKの可能性が強い

旧ソ連で開発された7.62mm口径のPK機関銃は多くの共産圏や親ソ国でも使用されたが朝鮮人民軍にも導入されており国産化されたものは82式機関銃と 呼ばれている。但し人民軍の軽機関銃の大半は今でも旧式化している73式機関銃のようでありPK/82式機関銃は比較的少数のようだ。
目次へ

太平洋の海鷲 inserted by FC2 system