アメリカ製機関銃 ブローニング M1919A4
(写真上)陸自武器学校資料館で展示されているブローニング M1919A4
第一次大戦中に開発されたブローニングM1917は優れた機関銃であったが水冷式の為、重量があるのが難点だった。
これを改良し放熱筒を装着して空冷式としたものが M1919A1で故障が少なく実用性に優れ第二次大戦中に米軍の主力7.62mm級機関銃となり大戦後も多くの国で使用された。M1919A4は三脚を 装着して安定した射撃が可能となった他、車載用としても使用出来る様にしたもの。 M1919A4は陸自にも多数供与され長く現役にあった。故障が多い62式機関銃より部隊での評価は高かった。

口径 7.62mm
全長 963.7mm
銃身長  609mm
重量 約14s
給弾方式 ベルト給弾
発射速度 最大440〜550発/分、持続75発/分
最大射程 3200m
有効射程 600m
初速   840m/s


目次へ

太平洋の海鷲

inserted by FC2 system