アメリカ製ブローニング機関銃M1917A1
(写真上左/上右)陸自武器学校資料館で展示されているブローニング機関銃M1917A1
M1917はジョン・ブローニング設計の空冷式機関銃M1895を改良した水冷式機関銃M1901を原型として開発され1917年にアメリカ軍で制式化された。
大量の冷却水が必要、重すぎるなど運用上柔軟性に欠ける難点があったが空冷式機関銃とは比較にならない持続射撃能力があり空冷式が主力となった第二次大戦から朝鮮 戦争においても広く使用された。M1917A1はM1917のマイナーチャンジ型で対米戦序盤の比島攻略戦において日本軍も大量に鹵獲している。

目次へ

太平洋の海鷲 inserted by FC2 system