35mm二連装高射機関砲 L-90
L-90
35mm二連装高射機関砲 L-90はスイスのエリコン製GDF-001の日本仕様で米軍供与の老朽化した第二次大戦型高射火器を更新する為に導入された。

60年代後半から80年代前半にかけて高射火器としては世界水準にある優秀な兵器であった。90口径ある35mm機関砲は1門あたり550発/分、連装で1100発/ 分という驚異的な発射速度を誇り有効射程は3500〜4000m。35mm機関砲はエリコン社の技術指導により日本製鋼所で、射撃統制装置 スーパーフレーダーマウスはコントラベス社の技術指導により三菱電機でそれぞれライセンス生産された。l-90は機関砲、射撃統制装置、電源車など システム全体の総称。

90年代以降、各国の武装ヘリコプターに搭載される対戦車ミサイルの射程が6000m級に達しておりアウトレンジされる可能性が 出てきた。世界各国でも対空兵器は機関砲からミサイルに替わりつつあり陸上自衛隊でも師団高射特科はミサイル化されL-90は徐々に姿を消していき 平成21年度までに完全に用廃となった。

火砲 353MK型
口径 35mm
砲身長 3150mm
発射速度
  ・550発/分(1門あたり)
・1100発/分(双連)
照準範囲 俯角 -5°〜 +92°

目次へ

太平洋の海鷲

inserted by FC2 system