INDIAN NAVY FRIGATE SHIVALIK class

(写真上)2012年7月に竣工した3番艦「サヒャドリ」
平成27年度観艦式に参加した際、浦賀水道で撮影。中央部のシャッターのあるハッチは搭載艇収容部

インド海軍ミサイルフリゲイト 「シヴァリク」級
インド海軍では2003年から2013年にかけてロシア製フリゲイト「タルワー」級を6隻購入した。
「タルワー」級は1135.1型国境警備艦「クリヴァク」3級をベースにある程度のステルス性を考慮した艦艇である。「タルワー」級はあくまで次期フリゲイトが 竣工するまでの繋ぎの存在であった。インド海軍の新水上艦艇の本命と言えるのがその次期フリゲイト「シヴァリク」級であった。
インドでは1997年に「シヴァリク」級の予算承認、 2001年に建造が開始されたが戦闘指揮システムの仕様変更による設計変更の影響などからその進捗はかなり遅く「タルワー」級のネームシップの方が 「シヴァリク」級より7年も早く竣工する事態となっている。「シヴァリク」は2010年4月になってようやく竣工した。建造期間が長引いた為、「シヴァリク」級は 先に竣工した「タルワー」級の技術的特徴を受け継ぐ事になり事実上の拡大改良型となった。設計はインドとロシアの共同で行われた。その為、搭載兵器はロシア製 が多いがイスラエル製や西側開発の兵器や電子戦装備、主機なども搭載されるなど昔から東西の軍事技術を並列して導入してきたインドらしいハイブリットな艦艇である。
「シヴァリク」級はマザゴン造船所で3隻竣工したが更に改良型7隻の建造が予定されている。

(写真上)
ヘリコプター格納庫上の後部塔型マスト・トップに装備されているのはイスラエル製対空捜索レーダー EL/M-2238 AMDR-ER
このイスラエル製レーダーは他のインド艦艇にも多く装備されている

(写真右)
平成27年10月、横須賀に入港する「サヒャドリ」

この角度から見るとステルス性を意識した船型がよく分かる。
前部塔型マスト・トップに装備されているのはロシア製3次元レーダー MR-760 フレガードM2EM

前部及び後部塔型マストには計4基のロシア製FCS MR-90オリェーフが装備されており対空ミサイル SA-N-12「グリズリー」の管制に使用される。

艦橋天蓋及びヘリコプター格納庫後端にはイスラエル製FCS EL/M-2221 STGRが装備され対空ミサイル バラクTの管制に使用される。



「シヴァリク」級の機関はCODOG方式で巡航用ディーゼルはピルスティク社(現:MANディーゼル)製、 高速用ガスタービンはゼネラル・エレクトリック社製LM2500を搭載
出力44000馬力、速力30ノット

「シヴァリク」級は対潜、対空、対艦とバランスの取れた兵装を有している。
兵装はロシア製、イスラエルなど西側製の混在となっている。

主要兵装

対艦ミサイル SS-N-27「シズラー」
ロシア製の対艦ミサイルで射程約220km、終末段階の約20kmは超音速で飛行し目標に突入する
中間段階では慣性航法+GPS、終末段階はセミアクティブレーダーホーミング方式。「シヴァリク」級ではVLS1基(8セル)を搭載している。

対空ミサイル SA-N-12「グリズリー」
ロシア製のエリアディフェンス用対空ミサイルで射程約50km。
SA-N-7「ガイドライン」の改良型で中国海軍でも導入している。

対空ミサイル バラクT
バラクTはイスラエル製の個艦近接防御用兵器でインド艦艇としては「シヴァリク」級が初めて搭載した。
本クラスではVLS4基(各8セル、ミサイル32発)を搭載。

OTOメララ製76mm単装砲
「タルワー」級はロシア製100mm単装砲だったが本クラスではイタリアの名門OTOメララ社製の76mm単装砲を搭載している。

12連装対潜ロケット発射機 RBU6000
1960年代に旧ソ連海軍が開発した無誘導のローテク対潜兵器だが今日でも旧ソ連圏諸国で幅広く使用されている。浅海面で小型潜水艇などを攻撃するのには 高価な高性能兵器よりこの手の安価なローテク兵器の方が実用性が高いかもしれない。最近、西側ではこのタイプの対潜兵器はほとんど姿を消している。

近接防御兵器 30mm機関砲AK-630M


(写真左)艦首方向より見た「サヒャドリ」

前甲板にはOTOメララ社製76mm単装砲、その後ろにはSA-N-12「グリズリー」用の発射機3S-90が搭載されている。 両舷には12連装対潜ロケット発射機 RBU6000が見える。



シヴァリクF-47マザゴン造船所2010年4月竣工
サツブラF-48マザゴン造船所2011年8月竣工
サヒャドリF-49マザゴン造船所2012年7月竣工

満載排水量 6299t
全長    143m
幅     16.9m
吃水    5.3m
主機/軸数 CODOG方式(ガスタービン2基/ディーゼル2基)/2軸
出力    44000馬力
速力    30ノット
武装
・対空ミサイルSA-N-12単装発射機1基、近接防御兵器バラクT用VLS4基(32セル)、対艦ミサイルSS-N-27用VLS1基(8セル)、76mm単装砲1基、30mmCIWS2基、 324mm3連装短魚雷発射管2基、12連装対潜ロケット発射機RBU60002基
艦載機 ヘリコプター1機
乗員 257名

目次へ

太平洋の海鷲 inserted by FC2 system