HBOドラマ「ザ・パシフィック」撮影用の九五式軽戦車(レプリカ)
(写真左)
幕張メッセで開催されたワンダーフェスティバル2013[夏]会場で展示された九五式軽戦車(レプリカ)

(写真中)
潟Jマド社長の小部屋プライベート博物館で展示されている九五式(レプリカ)



HBOドラマ「ザ・パシフイック」公式サイト
社長の小部屋プライベート博物館

(写真左)
HBOドラマ「ザ・パシフィック」に登場した九五式軽戦車(レプリカ)
全体のフォルムは良く出来ているが迷彩塗装は当時の日本軍のものとは全く異なる色彩

(写真中)
実物の九五式軽戦車



平成25年7月28日(日)、幕張メッセで開催されたワンダーフェスティバル2013[夏]で展示されたHBOドラマ「ザ・パシフィック」撮影で製作 された九五式軽戦車のレプリカ
ドラマではペリリュー島の戦闘シーンに登場したのでご記憶の方も多いと思います。米軍現用戦車に無理矢理、鉄十字マークを付けてナチス軍戦車に仕立てていた昔とは 異なり観客視聴者の眼が肥えた現在ではここまでリアルな演出をしないといい評価が得られないのでしょう。その点では30年以上も前に本物そっくりの61式戦車を 造った角川映画は立派だった。

現在は(梶jカマドの所有で同社により細部まで拘ったレストアが施されている。角鉄パイプフレーム構造で車体や砲塔は厚さ2mmの 鉄板で製造されている。重量は約3tと実車の半分程度、エンジンはフォード製V型8気筒ガソリンエンジン、変速機はATを装備。迷彩塗装は南方タイプのようだ。 かつて京都の嵐山美術館に実物の九五式軽戦車が展示されていたが今はイギリス人コレクターの手に渡り日本国内には実物の九五式は存在しない。

(写真左/中)砲塔周辺
九七式車載重機関銃カバーも正確に再現されている。


(写真左/中)
マフラーやフック、車体側面や後部に装着された工具類やワイヤーも実感がよく再現されている。砲塔にも車載機関銃が搭載されているが実車では操作の不便さから 取り外したものが多かったらしい。


九五式軽戦車は2378両(2375両設あり)と日本製AFVとして最多の生産数を持つ。
同時代の他国の軽戦車は10t級だったが生産面や輸送上の要求から九五式軽戦車は6t級に制限されており兵装や装甲には大きな制約があった。。 支那事変やノモンハン事件で実戦投入されたが当初から弱兵装や装甲の薄さを指摘する声が多かったという。主砲である九四式三十七粍戦車砲は同じ口径の 九四式速射砲よりも初速が劣っていた。対米英戦勃発以降は米英軍の強力な対戦車火力の前に 九五式は苦戦し続けた。しかし、日本の生産力や輸送能力を考えた場合、九五式軽戦車やチハ系を超える強力なAFVを大量に実戦投入するなど到底不可能だった。

目次へ

太平洋の海鷲 inserted by FC2 system