平成25年度陸上自衛隊富士学校祭

富士学校・富士駐屯地開設59周年記念行事
7月7日(日)、富士学校・富士駐屯地開設59周年記念行事が開催されました。
昨年は生憎の大雨でしたが今年は晴天でした。幾ら陸自とはいえ雨ではあまり絵になりません。やはり晴天下でこそ絵になります。 富士学校祭の人気は毎年うなぎ登りで今回も12000人が見学しました。これだけの人が来ると身動きが出来なくなります。

旅行会社が企画するバスツアーも 人気のようでかなりのバスが来てますね。私は車でかなり早く現着するように心掛けています。バスツアーだと到着時間が遅く場所取りで決定的に遅れてしまいます。 撮影重視のマニアは車で早めの到着をお薦めします。

観閲行進は戦車教導隊に配備された量産型10式戦車をはじめ陸自が保有する主要装備の大半が登場するなど富士学校ならではの迫力です。10式戦車は第1機甲教育隊、 戦車教導隊、第1戦車大隊などに配備が進んでいますが次の部隊配備は第2戦車連隊のようです。戦車は依然として北方重視なのでしょうか・・・。模擬戦も特科の支援 射撃を受けた10式戦車や90式戦車、89式装甲戦闘車、96式装輪装甲車などの勇壮な突撃は本州以南の他の駐屯地では見られない豪華さです。

部隊入場

式典参加の為、会場に入場する戦車教導隊。10式、90式、74式と3代に渡る陸自現有戦車が登場し富士学校ならではの壮観さである。
90式に比べ小型軽量化された10式だが20年あまりの技術革新で防御力も相当向上しているらしい。なお、戦車教導隊は以前は5個中隊編成であったが集約化され 4個中隊(10式×1、90式×2、74式×1)となっている。

巡閲

観閲行進

普通科教導連隊、偵察教導隊、特科教導隊、教育施設支援隊、戦車教導隊など他の駐屯地では見られない陸自の総合職種の勇壮な観閲行進
やはり最新の10式戦車に注目が集中する。

模擬戦
模擬戦では74式戦車が3両、敵部隊役として登場した。
味方部隊はヘリからレンジャー部隊が降下しオートバイ及び87式偵察警戒車からなる偵察部隊が会場に進入、その後に特科部隊の支援を受けて 90式戦車、10式戦車、96式装輪装甲車、89式装甲戦闘車が会場に突入した。被弾した96式装輪装甲車から負傷兵を救助するシーンも見られた。 90式戦車は以前は機銃掃射のみで戦車砲の空砲射撃は行わなかったが最近では迫力ある空砲射撃を行って観客から大きな声援を受けている。


装備品展示 戦車教導隊の10式戦車





目次へ

太平洋の海鷲 inserted by FC2 system