平成23年度航空自衛隊入間航空祭

(写真上左)格納庫内での中等練習機T−4の整備点検形態
派手なフライト展示に人気が集中するが、マニア的な視点で見ればこのようなメカを間近で見られるのも航空祭の大きな魅力だ。見逃さないようにしたい。

毎年、20万以上が訪れる国内屈指の航空祭 今回はF−2Bも飛行展示を行った

日時:平成23年11月3日(祝)
場所:入間基地


航空自衛隊入間基地で開催された平成23年度航空祭の模様です。 航空自衛隊最大の基地である入間基地には航空救難団司令部、第2輸送航空隊第402飛行隊、第1高射団本部が所在し空自関東圏の中核基地となっています。 入間基地は都心から近いので航空祭当日は大変混雑します。

入間基地公式サイト

入間基地の最寄り駅は西部池袋線・稲荷山公園駅です。

西部鉄道公式サイト

当日は臨時出入り口も設けられますがそれでも大混雑しており入場するにはかなり時間がかかります。帰りは行き以上の超大混雑で電車に乗るのに1時間ぐらい かかってしまう事もあります。


大きな地図で見る

入間の飛行展示は輸送機と練習機、救難機が中心 戦闘機はあまり飛ばない

(写真下左・下右)航空総隊司令部飛行隊所属のT−4 コクピット付近

(写真上左)整備格納庫の内部         (写真上右)第501飛行隊の偵察機RF−4E特別塗装機

目次へ

海鷲の末裔

inserted by FC2 system