韓国海軍ミサイル駆逐艦「チュンムゴン・イ・スンシン」級
ROK NAVY DDH CHUNGMUGONG Yi SUN-SIN class
チュンムゴン・イ・スンシンDDH-9752003年11月
ムーンム・デワンDDH-9762004年9月
テー・ジョヨンDDH-9772005年6月
ワン・ゲオンDDH-9782006年11月
ガン・ガンチャンDDH-9792007年10月
チェ・ヨンDDH-9812008年9月

(写真上上上/上上/上)
浦賀水道で撮影した3番艦「テー・ジョヨン」。平成27年度海自観艦式に参加した際に撮影。 ヘリコプター格納庫上にはオランダ製30mmCIWSゴールキーパーが見える。後部塔型マスト・トップの対空レーダーはアメリカが開発し多くの親米国で採用 されている2次元レーダー AN/SPS-49

韓国海軍初の艦隊型防空ミサイル駆逐艦、ステルス性も相応に重視されている

「チュンムゴン・イ・スンシン」級はKDX-Uとして計画されたエリア・ディフェンス用SAMを搭載した韓国海軍初の艦隊型防空ミサイル駆逐艦でネームシップは 2003年12月に竣工した。本クラスの前にKDX-Tとして計画された韓国初の国産駆逐艦「クァンゲト・デワン」級は重装備の割に船型が過小でトップヘビーな イメージがあった。

KDX-Uは「クァンゲト・デワン」級に比べてかなり大型化し全体に余裕のある設計となりステルス性を大幅に取り入れるなど韓国海軍の 近代化を象徴する艦艇となった。なお、上部構造物は軽量化の為、アルミ合金製であるが欧米や日本の艦艇はアルミ合金の火災による強度劣化を懸念して鋼製を 採用しているのと対照的である。

「チュンムゴン・イ・スンシン」級の戦闘指揮システム能力はタータD.システムを能力向上させたNTU改修艦とほぼ同等と見られており主要兵装である エリア・ディフェンス用SAMにはRIM-66 SM-2 MRが採用されている。艦橋直前の01甲板レベルにスタンダート/アスロック共用Mk41.VLS(32セル) が搭載されている。本クラスは近接防御兵器が充実しており艦橋天蓋にMk49.RAM短SAM21連装発射機、 ヘリコプター格納庫上にオランダ製30mmCIWSゴールキーパー各1基が搭載されている。

対艦ミサイルは1〜3番艦はハープーン、4番艦以降は国産のSSM-700K「海星」になっている模様。 主砲はアメリカ海軍制式のMk45mod4で海自の「あたご」型や「あきづき」型と同型。なお、国産の垂直発射式対潜ロケット K-アスロック「赤鮫」が搭載されるとの 情報もある。
DDH-975「チュンムゴン・イ・スンシン」

(写真上左)
平成19年12月に横須賀に来航した「チュンムゴン・イ・スンシン」
(写真上右)
同じく吉倉桟橋で撮影、隣は補給艦「ファチョン」

本艦は2003年12月に竣工したネームシップ
艦名は豊臣秀吉による朝鮮出兵の際、朝鮮水軍の指揮官で現代韓国の国民的英雄であり日本でも知名度の高い李舜臣に因んでいる。

李舜臣は韓国では神話化されているが 必ずしも彼の軍功により日本軍が破れた訳ではない。その英雄的伝説の多くは後世の創作である事は今日では常識となっている。
DDH-977「テー・ジョヨン」

(写真上右)
平成22年9月、 東京晴海客船ターミナルで撮影した「テー・ジョヨン」。隣の補給艦は「ファチョン」

(写真上左)
艦中央部から艦尾にかけての様子。ステルス性を十分に意識した設計が分かる。「チュンムゴン・イ・スンシン」級は韓国国産艦艇で初めてステルスを設計に 取り入れ対潜・対空・対艦の兵装のバランスも取れており総合的に見ても世界水準に追いついた艦艇であった。「テー・ジョヨン」はかつて朝鮮北部、満州、沿海州 にかけて存在した渤海国初代王

(写真左左)
前部マストにはシグナール社(現:タレス社)製の3次元レーダー MW-08

(写真左)
前甲板には127mm単装砲Mk45mdo4が搭載されている。その後ろの01甲板レベルにはスタンダート/アスロック用VLS.Mk41


(写真左左)
324mm3連装短魚雷発射管と複合型搭載艇。

前級の「クァンゲト・デワン」級の煙突はV字型並列式であったがディーゼルとガスタービンの各排気塔を集約して 1本煙突となりスッキリとしたイメージとなった。

(写真左)
艦橋天蓋にMk49.RAM短SAM21連装発射機が装備されている。

その後ろの円型レーダーはスタンダートSAM用イルミネーターであるシグナール社(現:タレス社)製STIR240 (後部にも1基装備されているので計2基装備)


基準排水量 4500t、 満載排水量 5588t、全長 154.4m、幅 16.9m、吃水 4.3m
主機/軸数  CODOG方式(ディーゼル2基/ガスタービン2基)2軸、出力 58200馬力、速力 29ノット
兵装
・スタンダート/アスロック共用VLS1基(32セル)、RAM短SAM21連装発射機1基、ハープーンSSM4連装発射筒2基(4番艦以降はSSN-700K「海星」) 、127mm単装砲Mk45mdod1基、30mmCIWSゴールキーパー1基、324mm3連装発射管2基
艦載機
・ヘリコプター1機
乗員 200名

目次へ

太平洋の海鷲 inserted by FC2 system