93式空対艦誘導弾 ASM-2
JASDF TYPE93 ASM (ASM-2)

(写真上)三沢基地で撮影した93式空対艦誘導弾
主契約者/製作:三菱重工
誘導方式:ハイブリット誘導(初中期ー慣性誘導、終末期ー赤外線画像誘導)
全長:約4m、直径:約0.35m、翼幅:約1.2m
重量:約530s
推進装置:ターボジェット・エンジン、射程:約150km、速度:1150km/h

80式空対艦誘導弾を補完する目的で開発された国産第2世代の対艦ミサイルである93式空対艦誘導弾

93式空対艦誘導弾ASM-2は80式空対艦誘導弾ASM-1に次ぐ国産第2世代の空対艦ミサイルである。
陸上自衛隊の88式地対艦誘導弾から発達したミサイルで日米共同開発の支援戦闘機F-2の主兵装として開発が進められた 。但し80式を更新するという”後継兵器”という性格ではなく”補完”する、という性格の誘導兵器と言える。誘導方式は中間段階ー慣性誘導、終末段階ー赤外線画像を採用。推進装置は ターボジェット・エンジンを採用している。

制式名称通称誘導方式推進装置速度射程
80式空対艦誘導弾ASM-1慣性+アクティブ電波ホーミング固体燃料ロケット亜音速約50km
93式空対艦誘導弾ASM-2慣性+赤外線画像誘導ターボジェット1150km/h約150km
93式空対艦誘導弾(改)ASM-2(B)慣性+GPS+赤外線画像誘導ターボジェット1150km/h約150km

(写真上)支援戦闘機 F-2の翼下パイロンに搭載された93式空対艦誘導弾のダミー
F-2は最大で4発の93式を搭載可能。築城基地で撮影

上記の様に80式と93式は誘導方式が異なったシステムである。
電波ホーミングを採用した80式は天候の影響を受け難いが敵の電波妨害には弱い。一方、赤外線画像誘導を採用した93式は電波妨害には強いが天候に 影響され易い。両者の特性を活かし異なる誘導方式のミサイルを使用する事で敵の対抗手段を封じ込める80式と93式の同時併用攻撃が想定される。
(写真上)岐阜基地で撮影した93式空対艦誘導弾
80式空対艦誘導弾は推進装置にロケット・モーターを採用したが93式はターボジェット・エンジンを採用している。その為、胴体下部に空気取り入れ口を装着しており80式との外観上の差異となっている。 なお、誘導の中間段階でGPSを追加した改良型の93式空対艦誘導弾(改)を製作された。
目次へ
太平洋の海鷲
inserted by FC2 system