九四式拳銃
(写真上)陸自武器学校資料館で展示されている九四式拳銃
不足していた適当な将校用拳銃を充足する為に南部麒次郎の設計により開発されたのが九四式拳銃である。
小型軽量で携帯性は良好だったが複雑なメカニズムや安全性に難があるなどデメリットも多かった

口径 8粍
全長 187粍
重量 720g
装弾数 6発
ライフリング 6条右回り


目次へ

太平洋の海鷲 inserted by FC2 system