九二式重機関銃
(写真上)陸自武器学校資料館で展示されている九二式重機関銃
堅牢な三脚架は安定した射撃に貢献し命中率は機関銃としては非常に良好であった。

三年式重機を改造、7.7粍級に強化した帝國陸軍の主力重機関銃

昭和になっても帝國陸軍の主力火器である三年式重機関銃や三八式歩兵銃は口径6.5粍であったが諸外国では7粍級となっていた。
特に支那軍はドイツ製の7.92粍に強化されており満州事変の戦訓から我が国でも7粍級への強化は真剣な問題となった。歩兵銃はその後も更新が遅れたが 重機関銃の更新は素早く行われる事となった。 三年式重機は機構的には優秀だったのでこれを口径7.7ミリに強化し各部を改造したのが九二式重機関銃であり大東亜戦争中の帝國陸軍の主力機関銃であった。 三年式と比べると口径が強化した以外にグリップの形状が変化しトリガーは引き金式から押し鉄式に変更されている。三年式同様、九二式の外観上の大きな特徴が フィン式の放熱筒。空冷式の機関銃にとって銃身の高熱対策はもっとも重要であり放熱面を大きく取れるフィン式は優れたアイデアだった。 給弾は装弾数30発の保弾板を使用するが諸外国にもあまり例をみない独自の構造である。射撃に際しては九六式眼鏡照準具を使用するのが一般的であった。

歩兵大隊の機関銃中隊に12挺配備された他、独立機関銃大隊に24挺配備された。ほとんどの戦場で航空支援を期待出来ず欧米列強に比べ砲兵戦力も弱体だった 日本陸軍歩兵部隊にとって九二式重機は非常に重要な火器であった。総生産数約45000挺、大戦後も中国国共内戦や朝鮮戦争、インドシナ紛争などで使用 されている。自衛隊でも再生産のうえ装備される話があったのは有名な逸話だが実現しなかった。仮に再装備された場合、弾薬はNATO規格にする必要があった と思われるので九九式小銃同様、改修されたのではないだろうか・・・


目次へ

太平洋の海鷲 inserted by FC2 system