81式短距離地対空誘導弾(C)
JGSDF TYPE81 SAM-C


(写真上)武器学校で撮影した短SAM改発射機、この発射機の搭載車両は3.1/2トラック(改良型)
TYPE81 SAM-C launcher JGSDF Tsuchiura Camp

製作:東芝

誘導弾諸元
重量:約105kg
全長:約2850mm(電波弾)、約2710mm(光波弾)
直径:約160mm
速度:マッハ2.4、有効射程:10000m、最大射高:3000m


81短SAMの性能向上型、短SAM改

師団高射特科近代化の為、国産開発された81式短距離地対空誘導弾は誘導方式が赤外線パシッブ・ホーミングであり制式化当初から全天候性に弱点があると 指摘されていた。また、航空脅威の増大により性能全般の向上も切望されるようになった。これらの情勢を踏まえ能力向上を図った改良型が81式短距離地対空誘導弾(C)である (通称:短SAM改)。

短SAM改の誘導方式は赤外線/可視光線画像と電波アクティブの2種を併用

短SAM改の誘導方式は赤外線/可視光線画像ホーミング(光波弾)と電波アクティブ・ホーミング(電波弾)の2種が併用され必要に応じて両者が使い分けられる 方式が採用された。これにより敵側の欺瞞対策に柔軟に対応出来るようになった。対電子対抗手段ECCM(EP)もかなり向上しているらしい。 師団対空情報処理システムDADSとの連携も図られている。 また、初期型で問題となっていたロケット噴煙の希煙化が行われた。短SAM改は平成7年度(1995年度)から陸上自衛隊に配備が開始されたが航空自衛隊 では性能上の問題から採用されていない。なお、後継となる短SAM改Uが開発されていたが11式短距離地対空誘導弾として制式化された。


短SAM改の主要構成
(写真左)目視照準装置


(写真上左)射撃準備中の短SAM改発射機/(写真上右)射撃姿勢をとる短SAM改発射機

導入時から指摘されていた射撃準備に時間がかかる問題は短SAM改でも改善はされていない。即応性という点では93式近SAMの方が優れる。 81式の後継たる11式では4連装チューブが採用されているが即応性が改善されたのか気になる点だ。短SAM改は光波弾と電波弾の異なる誘導方式のミサイルを併用する。 先が尖っているのが電波弾、円形が光波弾である。


(写真上左)第6高射特科大隊所属の短SAM改発射機の走行姿勢、この発射機の搭載車両は3.1/2tトラック平成11年度以降納入車/(写真上右)ミサイルを格納するコンテナ


(写真上)第7高射特科連隊所属の射撃統制装置の走行姿勢、搭載車両は3.1/2tトラック平成11年度以降納入車


(写真上)レーダーを展開した姿勢、下志津駐屯地で撮影した高射学校所属車両


11式短SAMは高価格の為、調達が進んでおらず師団/旅団高射特科の数的主力は依然として81式短SAMが担っている。
目次へ
太平洋の海鷲
inserted by FC2 system