中国製56式歩槍
(写真左)
ポルポト兵が持つ56式歩槍

(写真中)
陸自武器学校資料館で展示されている56式歩槍
本銃は56式の特徴である銃身下部の折り畳み式銃剣が欠落している。



ソ連製自動小銃AK47カラシニコフを中国でコピー生産したものが56式歩槍である。

56式歩槍はそれまでの旧式火器に取って代わり人民解放軍の主力小銃となった。56式はオリジナルのAK47にはない折り畳み式銃剣が銃身下部に 装着されているのが特徴。この折り畳み式銃剣は重心が前方に寄ってしまう原因となり何かと評判が悪い。56式には幾つもの型式があり悪評高い折り畳み式 銃剣を装着しないものもある。

当時の中国の生産技術レベルからソ連製AK47に比べ品質や工作精度は低下していると言われているが中ソ対立でソ連から十分な技術支援が得られなかったのも 一因であろう。一説には北朝鮮製58式小銃より品質が落ちるとの見解もある。
共産圏や親中国などに供与されベトナム戦争やカンボジア内戦でも大量に使用された。解放軍の第一線部隊では新世代の小銃に更新されており56式はほとんど 残っていないと思われるが2線級部隊や民兵などでは依然として使用されている。
目次へ

太平洋の海鷲 inserted by FC2 system