三八式歩兵銃(三十八年式歩兵銃)
(写真上)陸自武器学校で展示されている三八式歩兵銃
右は三十年式銃剣

サンパチの愛称で親しまれた戦前日本を代表する小銃

有坂成章が設計し日露戦役で使用された三十年式歩兵銃はボルトアクション式ライフルとして優れた小銃であったが戦訓から機関部への防塵対策が必要となった。
南部麒次郎が三十年式の機関部の合理化と遊底被の装着、弾倉の改良などの改修を行い明治39年に陸軍制式として採用されたものが 三八式歩兵銃である。改修箇所は小範囲に留っている。弾薬は6.5粍の三八式実包(三十八年式実包)でこれも三十年式実包の改良型であった。 三八式歩兵銃はサンパチの愛称で親しまれ陸軍だけでなく海軍にも多数配備され戦前の日本軍兵器の象徴とも言える存在であった。

良くも悪しくも日本軍兵器体系に大きな影響を与えた三八式歩兵銃

三八式の生産は長期に及び数度のマイナーチェンジが行われている。当初、6条右回りだったライフリングは大正7年度以降の生産分は4条右回りと変更された。口径 6.5粍は当時の日本人の体格を考慮して決められたが20世紀初頭、欧米では既に7粍級小銃の配備が始まっていた。威力面から6.5粍では不足、という声は当初から あったようだが6.5粍のほうが携行弾薬も多く持てる、などの意見が強く口径6.5粍の三八式が陸軍主力小銃として大量配備される事になった。
日本での7粍級小銃の導入は他国に比べ大幅に遅れることとなった。満州事変や上海 事変、支那事変で対峙した支那軍は口径7.92mmのドイツ製モーゼル小銃を装備しており三八式は撃ち負かされる事もあったらしい。主力小銃である 三八式と補給を統一する為、十一年式機関銃や九六式軽機関銃、三年式重機関銃も三八式実包/同(減装弾)を使用した。これらも威力面での不足が指摘されており三八式は 良くも悪しくも日本軍兵器体系に大きな影響を与えた。

昭和10年代に入ると ようやく後継となる九九式小銃が制式化されたが当時の状況では航空機や対空火器、輸送用船舶が重点的に予算配分され三八式が十分充足されていた歩兵用小銃には あまり予算が充てられず更新スピードは遅かった。その為、大東亜戦争末期に至るも大多数の部隊は三八式装備のままであった。なお、三八式の生産は昭和19年4月 まで行われている。

口径 6.5粍
全長 1275粍
銃身長 792粍
重量 4.1s
初速 762m/s
装弾数 5発
ライフリング 6条右回り(初期型)
       4条右周り(大正7年度以降)

目次へ

太平洋の海鷲 inserted by FC2 system