平成27年度陸上自衛隊下志津駐屯地祭

日時:平成27年4月29日(祝)
場所:陸上自衛隊下志津駐屯地
4/29(祝)に開催された陸上自衛隊下志津駐屯地創立60周年記念行事つつじ祭の模様です。
下志津には高射学校、高射教導隊等が所在しており陸自防空のメッカと言える駐屯地です。 昨年度に初公開された11式短距離地対空誘導弾をはじめ81式短SAM、93式近SAM、03式中SAM、87式AW、空自ペトリオットPAC-2などが登場し迫力ある観閲行進、 訓練展示を披露しました。なお、第1戦車大隊からは10式戦車がゲスト出演しました。


(写真上右)航空自衛隊から参加したペトリオット PAC-2発射機
昨年度から無料シャトルバスが廃止されており少し残念(地元バス会社には稼ぎ時なので地元経済に協力しましょう)



(写真上左/上右)最新鋭の地対空ミサイル 11式短SAM発射機(高射学校)
空対地ミサイルや巡航ミサイルへの対処能力も付与された新世代SAMで沖縄の第15高射特科連隊から実戦配備が開始され逐次81式短SAMを更新していく。

(写真上)第1戦車大隊からゲスト参加した10式戦車
(写真右)高射教導隊第3中隊の87式AW
下志津以外では北海道でしか見れないレアな装備



(写真上)第1空挺団が会場に自由降下

(写真右)会場に進入する87式AW




(写真上左/上右)最新鋭の対空レーダー装置 JTPS-P25

(写真上左)空自ペトリオットPAC-2の発射形態 (写真上右)高射教導隊第2中隊の93式近SAMの射撃姿勢

(写真上左)待機する偵察隊バイクと96WAPC (写真上右)射撃姿勢の11式短SAM
(写真右)偵察隊のバイクが会場を疾走する

(写真右)96WAPCから普通科隊員が飛び出し下車戦闘態勢に入る


(写真上左)装備品展示中の11式短SAM/(写真上右)87式AW
目次へ

太平洋の海鷲


inserted by FC2 system