平成26年度陸上自衛隊北宇都宮駐屯地祭

日時:平成26年5月25日(日)
場所:陸上自衛隊北宇都宮駐屯地
平成26年度の陸自北宇都宮駐屯地祭はスカイホーネットのラストフライトという事もあって例年以上の人出に感じられました。 天候は生憎の曇空でしたがスカイホーネットの素晴らしい、そして最後のフライトを十分に堪能する事が出来ました。スカイホーネットの終焉は残念ですが これも時代の流れです。個人的には新型練習ヘリコプター TH-480Bを初見する事が出来て収穫の多い一日となりました。

北宇都宮駐屯地の前身は中島飛行機が大東亜戦争中の昭和18年に航空機製造の為に設置した中島飛行機宇都宮飛行場です。 戦後は進駐軍に接収されましたが昭和32年に航空自衛隊が同地に展開し翌年から操縦訓練を開始。37年には陸自が駐屯、翌38年には空自が移転し今日に至っています。
観閲飛行
新型練習ヘリコプター TH-480Bを先頭にOH-6D、UH-1J 、UH-60JAが整然かつ勇壮な観閲飛行を行う。


スカイホーネットによる展示飛行
OH-6Dで臨時編成されるスカイホーネットは2014年がラストフライトとなった。果たして新型練習ヘリコプター TH-480Bによる新生スカイホーネット は編成されるのか・・・・?



栃木県警ヘリコプター BK-117「なんたい」による飛行展示

(写真左/中)
国産ヘリコプター BK-117は全国の警察でも使用されている。
栃木県警のBK-117「なんたい」は毎年、北宇都宮駐屯地祭で素晴らしいフライトを見せてくれている。



地上展示機
(写真左)
観測ヘリコプター OH-6D

(写真中)
多用途ヘリコプター UH-60JA



目次へ

太平洋の海鷲 inserted by FC2 system