輸送ヘリコプター KV-107U-4A (51736)
JGSDF KASAWAKI KV-107U-4A (51736)
KV-107系の機体は自衛隊では完全に姿を消しているが今日の水準で見ても極めて高い完成度のタンデムローター機である。

(写真上)
木更津駐屯地で撮影した KV-107U-4A(51736)。昭和47年3月受領、平成9年7月用途廃止
陸上自衛隊では輸送用ヘリコプターとして昭和41年度から47年度にかけてボーイング・バートル社が開発したタンデム・ローター機の傑作であるV-107を 川崎重工でライセンス生産したKV-107U-4を42機導入し陸自輸送ヘリの中核として配備された。

このうち1機(51736)はVIP仕様機でKV-107U-4Aと分類された。今日のような3機体制ではなかったので機体のやり繰りには 苦労したのではないだろうか・・・。

胴体の四角い窓が特徴で標準仕様機との識別は比較的容易である。

既に用廃となっているが木更津駐屯地で教育用機材として保存されており駐屯地開放日には見学出来る。保存状態は良好で現役の機体と見紛うばかりである。



目次へ

太平洋の海鷲 inserted by FC2 system